« 2011年6月16日 | トップページ | 2011年6月18日 »

2011年6月17日 (金)

セイロンのオオルリソウ 
Cynoglossum zeylanicum

オオルリソウ(大瑠璃草:シノグロッスム・ゼイラニクム:Cynoglossum zeylanicum:ムラサキ科オオルリソウ属)が咲いています。

日本のサイトにあたってみると日本原産のシノグロッサムのような取り上げられ方をしていますが、種小名のゼイラニクムは「セイロン島の」という意味で、原産地を指しています。
英名も Ceylon Forget Me Not や Ceylon hound's tongue(セイロンワスレナグサ)です。またこの種子はChiltern Seeds 社から購入しました。

オオルリソウは中央アジアから東アジアまで、日本を含め、アフガニスタンやカシミール、ブータン、インド、セイロン、マレーシアなどに広く自生しています。
それで日本に自生しているオオルリソウと少し違うのかと思ったりします。

草丈は60~90cmになると言われていますが、20cmほどで花をつけました。それ以上大きくなる様子はありません。Chiltern Seeds 社のカタログには 1½ - 2½ ft(45cm〜75cm)とありましたから、その通りだとすれば小さく育っているようです。まあ10cmポットで育てていますので、育ちようがないんでしょうね。

葉は披針形で全縁、先はとがっています。オオルリソウに比べると細いように思えますが、茎の下の方の葉はやや幅があり、葉脈が3列に並んでいます。

ということでこれは海外のオオルリソウでしょう。


Cynoglossumzeylanicum1


Cynoglossumzeylanicum2


Cynoglossumzeylanicum3

| | コメント (0)

« 2011年6月16日 | トップページ | 2011年6月18日 »