« 不思議な花形のジギタリス 
Digitalis purpurea 'Pam's Split'
| トップページ | ロータス「ブリムストーン」の花 
Lotus hirsutus 'Brimstone' »

2011年6月 6日 (月)

チャップリンさんのオダマキ 
Aquilegia chaplinei

アクイレギア・チャップリネイ(Aquilegia chaplinei:キンポウゲ科オダマキ属)が咲きました。

アクイレギア・チャップリネイは米国テキサス州西部から隣接するニューメキシコ州に自生しているオダマキです。以前は分布地が重複するアクイレギア・クリサンタ(Aquilegia chrysantha)の矮性変種と考えられていました。

花の大きさは径2cmほどですが距は4〜5cmもあり、ロングスパー系オダマキの中でも長い方です。しべも花から飛び出しています。距は、雄しべが成熟するにつれ外側に強く反ってしまいます。

背丈は50cmほどで、背丈に比べて葉は小さく、シダのように細く切れ目が入ります。葉色は緑青色で、花の無い時期は観葉植物のようです。

種小名のチャップリネイは米国の植物学者で、1916年にニューメキシコ州のシッティングブル滝(Sitting Bull Falls)の近くでこのオダマキを発見したチャップリン(W. R. Chapline)さんに因みます。


Achaplinei9_2


Achaplinei11


|

« 不思議な花形のジギタリス 
Digitalis purpurea 'Pam's Split'
| トップページ | ロータス「ブリムストーン」の花 
Lotus hirsutus 'Brimstone' »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議な花形のジギタリス 
Digitalis purpurea 'Pam's Split'
| トップページ | ロータス「ブリムストーン」の花 
Lotus hirsutus 'Brimstone' »