« 縞のマンネングサ 
Sedum lineare f. variegatum
| トップページ | アルプスのリナリア 
Linaria alpina »

2011年6月25日 (土)

一重のニゲラ 
Nigella Damascena 'Blue Istanbul'

ニゲラ・ダマスケナ「ブルー・イスタンブール」(Nigella Damascena 'Blue Istanbul' :キンポウゲ科クロタネソウ属)が咲きました。

「ブルー・イスタンブール」はニゲラ・ダマスケナの一重咲きです。園芸種はほとんどが八重咲き種ですので、別の種類のように感じます。ニゲラ・ダマスケナの原種はこんな感じだろうと思います。

種小名からシリアのダマスカス原産のようですが、主に南ヨーロッパに分布している一年草です。

花の周りにある細い葉は、蕾の時に花を包んでいた総苞(苞葉)ですが、他の植物の総苞と違って蕾を守る役目は弱いような気がします。
萼片が花びらとなり、花弁は退化して雄しべの付け根にある奇妙な形の密腺になっています。

開いた頃は白っぽい花色ですが、一日経つとブルーの花に変わります。


Nigellablueistanbul1


Nigellablueistanbul4


Nigellablueistanbul2


Nigellablueistanbul3


|

« 縞のマンネングサ 
Sedum lineare f. variegatum
| トップページ | アルプスのリナリア 
Linaria alpina »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縞のマンネングサ 
Sedum lineare f. variegatum
| トップページ | アルプスのリナリア 
Linaria alpina »