« 2011年8月4日 | トップページ | 2011年8月6日 »

2011年8月 5日 (金)

ヨツバヒヨドリとヨツスジハナカミキリ 
Eupatorium chinense ssp. sachalinense

ヨツバヒヨドリ(四葉鵯:Eupatorium chinense ssp. sachalinense:キク科ヒヨドリバナ属)が咲いていました。

北海道および樺太、千島、本州中部以北の低地から亜高山帯の草地や林縁などに分布する多年草です。
茎は直立し、背丈は大人の背丈より高くなるものがあります。

鋸歯の合う皮針形の葉は「ヨツバ」とはいえ3〜5枚が輪生しています。

茎のてっぺんに散房状花序に淡紅紫色または白色の頭花を密につけます。同じ所に咲いていた白い花はまだ咲いていませんでした。

種小名シネンシスは「中国の」、亜種名サハリネンセは「樺太(サハリン)の」という意味で、地名を表しています。

真ん中の写真で、花の右の方に、花の上で蜜を吸っているのはヨツスジハナカミキリ(四筋花カミキリムシ:Leptura ochraceofasciata v. ochraceofasciata)です。
花に集まるハナカミキリの仲間で、羽(前翅)に、蜂に擬態した模様の4本の黄色の横帯があります。


Eupatoriumsachalinense1


Eupatoriumsachalinense2


Eupatoriumsachalinense3


| | コメント (0)

« 2011年8月4日 | トップページ | 2011年8月6日 »