« 2012年2月2日 | トップページ | 2012年2月21日 »

2012年2月14日 (火)

厳冬のスミレ 
Viola phalacrocarpa

寒い毎日ですがアカネスミレ(茜菫:Viola phalacrocarpa:スミレ科スミレ属)が元気に咲き出しました。

アカネスミレは東アジアから日本全土の低山や畑の土手に分布する無茎種のスミレです。
花の色が他のスミレより赤味が強いのでこの名がありますが、明るい独特のグリーンをした葉からも予想できます。

このアカネスミレは明神咲きというタイプで、「アカネスミレ明神」という名で流通しています。
本来花の中心部が白く抜けるのですが、同じ濃さあるいは濃い個体を、明神スミレ(明神菫:Viola mandshurica 'Myoujin')になぞらえてこのように呼びます。

種小名のファラクロカルパは「果実(carpa)に毛がない(phalacro:禿頭の)」という意味ですが、全く微毛が生えていないというのではなく、葉や茎などに比べると少ないという程度です。


Vphalacrocarpa7_2


Vphalacrocarpa9


Vphalacrocarpa8


| | コメント (2)

« 2012年2月2日 | トップページ | 2012年2月21日 »