« 梅の花5 
Prunus mume
| トップページ | 八重咲きのオステオスペルマム 
Osteospermum ‘Flower Power Double Silver’ »

2012年3月24日 (土)

白いムスカリ「シベリアンタイガー」 
Muscari armeniacum 'Siberian Tiger'

ムスカリ・アルメニアクム「シベリアンタイガー」(Muscari armeniacum 'Siberian Tiger':ユリ科ムスカリ属)が咲きました。

オランダ・ブレーザントのリュイター園芸会社(オランダ語は全く分かりませんが Ruyter Gebr Bloembollenkwekerij という会社です)のリュイター(J. Ruyter)さんが2005年に育種したムスカリです。
「シベリアンタイガー」はアルメニアクムの園芸品種として種苗登録されています。
アルメニアクムは普通に目にする一般的な濃青色の品種ですが、ムスカリ・アルメニアクムだとすれば新色品種です。

白いムスカリは葉に幅があって立ち上がるムスカリ・ボトリオイデス・アルブム(Muscari botryoides Album)がよく知られています。また同じく幅の広いムスカリ・アウケリィ「ホワイトマジック」(aucheri'White magic')という品種もあります。いずれにしてもアルメニアクムのような細い線状で、寝てしまう葉とは違います。

同じ白いムスカリのムスカリ・アズレウム・アルバ(Muscari azureum v. album)とは花の開き方が違っています。

「シベリアンタイガー」はアルメニアクムではなく、ボトリオイデスかアウケリィではないかと思われます。
ボトリオイデス・アルブムはひ弱く、花立ちも悪いのですが、「シベリアンタイガー」は写真の通り、しっかりした花茎を立てていますので、ボトリオイデス・アルブムの改良種ということになるのでしょうか。


Msiberiantiger2



Msiberiantiger1_2



Msiberiantiger3


|

« 梅の花5 
Prunus mume
| トップページ | 八重咲きのオステオスペルマム 
Osteospermum ‘Flower Power Double Silver’ »

ムスカリ (Muscari) (59)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅の花5 
Prunus mume
| トップページ | 八重咲きのオステオスペルマム 
Osteospermum ‘Flower Power Double Silver’ »