« 2012年4月7日 | トップページ | 2012年4月9日 »

2012年4月 8日 (日)

藤色のムスカリ 
Muscari azureum cv

ムスカリ・アズレウム( Muscari azureum cv:ユリ科ムスカリ属 )が咲き出しましたが、色合いがこのような赤紫色です。
ムスカリ・アズレウムは空色と白色(Muscari azureum f. album)の花が知られていますが、園芸店で蕾が出ているポットを見つけ、これは新色であることに気がついて即買いしました。
バレリー・フィネス」(Muscari armeniacum 'Valerie Finnis')のように空色のムスカリはあります。しかしこのような赤味を含むムスカリはコモサム(Muscari comosam)しかありませんが、花形が全く違います。
とにかく珍しい色合いです。

ムスカリ・アズレウムはトルコ東部からコーカサスの山岳地帯にかけて分布するムスカリで、ヨーロッパにもたらされてビクトリア時代からポピュラーになりました。1928年には王室園芸協会からAward of Garden Meritを受賞しています。

ムスカリの花は壺型でおちょぼ口のように少し口を開いているだけですが、アズレウムの花はキキョウのような吊り鐘状に開いています。
それでヒヤシンス属( Hyacinthus azureus )として扱われたり、ヒヤシンスにもムスカリにも属さない Bellevaliaや Pseudomuscariに 含められたこともあります。
種小名のアズレウムは「淡青色の」という意味で、花の空の色を表しています。



Mazureum1


Mazureum3


Muscariazureum3_4


これは白花のムスカリ・アズレウム(Muscari azureum f. album)。

Mazureumalbam3


| | コメント (0)

« 2012年4月7日 | トップページ | 2012年4月9日 »