« 白いスミレ3種
Viola keiskei,grypoceras f. lucida-alba & phalacrocarpa f. chionantha
| トップページ | 沖縄南部のスミレ 
Viola okinawaensis »

2012年4月27日 (金)

小さいオダマキ 
Aquilegia pyrenica ssp. discolor

小さなオダマキ、アクイレギア・ピレナイカ・ディスコロル(Aquilegia pyrenica ssp. discolor or Aquilegia discolor:キンポウゲ科オダマキ属)が咲きました。


Adiscolor13


Adiscolor14


Adiscolor15


アクイレギア・ピレナイカは、フランスとスペインの国境にあるピレネー山脈に自生するオダマキで、スペイン国内の自生地域によって個性を見せるオダマキです。

カソルラ山地やスペイン南部に自生するピレナイカ・カゾルレンシス(Aquilegia pyrenaica ssp. cazorlensis)、スペイン南西部に分布するピレナイカ・ディスコロル(Aquilegia pyrenica ssp. discolor)、ピレネー山脈の中央部のグアラ山地で見られるピレナイカ・グアレンシス(Aquilegia Aquilegia pyrenaica ssp. guarensis)という亜種が知られています。いずれも個性があって、アクイレギア・ピレナイカとは似ても似つきません。

ピレナイカ・ディスコロルはオダマキ(Aquilegia flabellata v. flabellata)とそっくりの二色咲きで、北西スペインの岩地で、岩の隙間に自生していいます。
アクイレギア・ピレナイカの亜種の中では小さい方で、大きくても15cmほどの背丈です。花の大きさは2.5cmほどしかありません。開き始めは地面すれすれに咲いていますので、花を入れても背丈5cmほどです。
葉はオダマキ(Aquilegia flabellata v. flabellata)のような青緑色の厚い葉です。

私は初めて見たときには早池峰や黒松内などの産地のミヤマオダマキ(Aquilegia flabellata v. pumila)の超小型版かと思いました。

|

« 白いスミレ3種
Viola keiskei,grypoceras f. lucida-alba & phalacrocarpa f. chionantha
| トップページ | 沖縄南部のスミレ 
Viola okinawaensis »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白いスミレ3種
Viola keiskei,grypoceras f. lucida-alba & phalacrocarpa f. chionantha
| トップページ | 沖縄南部のスミレ 
Viola okinawaensis »