« かわいいアネモネ 
Anemone hortensis
| トップページ | カラタチの生け垣 
Poncirus trifoliata »

2012年4月29日 (日)

これまた小さなオダマキ 
Aquilegia saximontana

アクイレギア・サキシモンタナ(Aquilegia saximontana:キンポウゲ科オダマキ属)が咲きました。


Asaximontana7


Asaximontana8


Asaximontana9


ロッキー山脈の亜高山から高山の岩石地に育つので「ロッキー山脈のオダマキ(Rocky Moutain Columbine)」と呼ばれています。
現在ではロッキー山脈には希なオダマキになっていて、北部のコロラド州の北中部の、さらに高地でしか観察されなくなっているようです。

種小名は saxi (岩地の、岩の多い)、montana(山地の)から作られた言葉で、「岩の多い山地の」という意味です。

花は小型(直径3cmほど)で、萼片は明るいブルーで、花弁は白またはクリーム色をしています。
距は短く1cmもありません。開き気味にまっすぐに伸ばしています。

自生地では少なくなった花ですが、栽培すると丈夫で、秋まきでも年を越して簡単に花をつけます。
夏の暑さを乗り切るのは難しいので、二年草と割り切って育てると毎年花を見ることが出来ます。

開き気味の距がすごく気に入っています。

|

« かわいいアネモネ 
Anemone hortensis
| トップページ | カラタチの生け垣 
Poncirus trifoliata »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かわいいアネモネ 
Anemone hortensis
| トップページ | カラタチの生け垣 
Poncirus trifoliata »