« ピンクのユキヤナギ 
Spiraea thunbergii f. rosea
| トップページ | 覆輪咲きのプリムラ 
Primula allionii 'Wharfedale Ling' »

2012年4月 4日 (水)

優しい色のエンゴサク 
Corydalis lineariloba

ヤマエンゴサク(山延胡索:Corydalis lineariloba:ケシ科 キケマン属)が咲き出しました。

ヤマエンゴサクは北海道以南の山の湿った林内や林が終わるあたりに自生しています。
ヤマエンゴサクは地下に球形の塊茎を持つ球根性のキケマンの仲間です。
ポットを掘り返すと、昨年2個だった球根が4個に増えていました。

背丈は10cmほどで、ひょろひょろした印象通り、実際に茎も花茎も地面に寝ています。
葉は楕円形の小葉3枚からなっていますが、一つの株の中に色々な大きさ、形の葉があり、どの葉の形が典型的なのか分かりません。

茎の上部に、青紫色から紅紫色の長さ2cmほどの花を総状花序につけます。咲き始めは薄い紫色で、しばらくすると青みが強くなり青紫色になります。

種小名のリネアリロバの意味は「直線状の裂片の」で、葉柄の付け根の苞葉が切れ込んでいます。よく似ているエゾエンゴサク(Corydalis ambigua)やジロボウエンゴサク(Corydalis decumbens)と区別するポイントになります。


Corydalislineariloba6


Corydalislineariloba8


Corydalislineariloba7


|

« ピンクのユキヤナギ 
Spiraea thunbergii f. rosea
| トップページ | 覆輪咲きのプリムラ 
Primula allionii 'Wharfedale Ling' »

コリダリス(Corydalis)(60)」カテゴリの記事

コメント

本当に優しい色のエンゴサクですね
葉っぱも面白いですね
私はチャイナブルーが好きで毎年買っては枯らします。
一方でムラサキケマンは蔓延るばかり
チャイナブルーを植えていた所にも生えるので
毎年ムラサキケマンか生き残ったチャイナブルー見極めが難しいです。
このエンゴサクは結構強いのですか?
どうせならムラサキケマンよりこちらの方が好みです。

投稿: tearose | 2012年4月 4日 (水) 21時19分

tearoseさん、おはようございます

コリダリス「チャイナブルー」の妖しいブルーにはひかれますよね。
チャイナブルーは球根を持たないタイプなので、場所によっては、あるいは土壌によっては夏越しが難しいかもしれません。
たぶん鉢植えで、夏に水分を少なく調整すれば夏越しするのではないでしょうか。

ムラサキケマンのような二年草のコリドラスもこぼれ種で増えますから地植えでも夏越しは楽です。
我が家では羊歯のような葉のコリダリスが勝手にこぼれ種で生え、一年中楽しませてくれます。

http://ptech.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/corydalis-ophio.html
http://ptech.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/corydalis-ophio.html

投稿: | 2012年4月 5日 (木) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンクのユキヤナギ 
Spiraea thunbergii f. rosea
| トップページ | 覆輪咲きのプリムラ 
Primula allionii 'Wharfedale Ling' »