« 2012年5月1日 | トップページ | 2012年5月3日 »

2012年5月 2日 (水)

絶滅危惧種が町中に 
Potentilla discolor

ツチグリ(Potentilla discolor:バラ科キジムシロ属)が咲いていました。


Potentilladiscolor1


Potentilladiscolor2


Potentilladiscolor3


Potentilladiscolor4


ツチグリは西日本の明るい草原に生育する多年性の草本です。
径1.5cmほどの受け咲の黄色い花を次々と咲かせます。花弁はハート型をしています。
花はキジムシロ(Potentilla sprengeliana)とよく似ていて、特に特徴はありません。

下2枚の写真のようにほとんど同じ大きさの鈍鋸歯の長楕円形の小葉が、根生葉では対に2〜4組が並び(奇数羽状複葉)、茎上葉では3枚つけます。
葉の表面を除いて株全体に白い微毛が生えており、「二色の」という意味の種小名ディスコロルは葉が裏と表で白と緑の二色だからつけられているのでしょう。キジムシロ属の中では際立つ特徴だということです。

バス道沿いの大きな庭の石垣の割れ目から生えていましたが、この写真を写した次の日には綺麗に掃除され、姿を見かけなくなっていました。
昨年も見かけたのですが、写真に収める前に掃除されてしまいました。

兵庫県レッドデータランクB、環境省絶滅危惧IB類の植物で、大阪府と岡山県では絶滅したといわれています。バス道沿いの石垣に咲いているとは驚きです。
でもこの家の方は、こんな植物が生えていることをご存じないから、引き抜くんでしょうね。


| | コメント (2)

« 2012年5月1日 | トップページ | 2012年5月3日 »