« 2012年5月15日 | トップページ | 2012年5月17日 »

2012年5月16日 (水)

さいはてのスミレ 
Viola kitamiana

シレトコスミレ(知床菫:Viola kitamiana:スミレ科・スミレ属)が咲いています。


Vkitamiana1


Vkitamiana3


Vkitamiana2


Vkitamiana4


シレトコスミレは北海道の知床半島の固有種のスミレで、硫黄山、知円別岳、東岳、遠音別岳などの高山の砂礫地の岩陰に生育しています。北のさいはての高山という非常に限られた環境に生育するスミレです。

草丈は5〜10cmで、距の非常に短いスミレです。白い花の中央部が黄色に彩られ、他のスミレには見られない色の組み合わせです。唇弁には紫の編み目の筋が入ります。
寒さに耐える構造なんでしょうか、葉は厚く艶があります。

これまでは蕾が出ても開く前に枯れてしまうのですが、今年は春が寒かったせいか開いてくれました。
多分温度の上昇と共に枯れてしまうでしょう。

この株は花の中から花弁が出て、重弁傾向があります、一番下が初花で、明らかに花弁が出ています。他の写真も、雄しべが2つあるようで、少し花弁がのぞいています。

種小名キタミアナは「北見の」という意味です。


| | コメント (0)

« 2012年5月15日 | トップページ | 2012年5月17日 »