« 2012年5月18日 | トップページ | 2012年5月20日 »

2012年5月19日 (土)

今年のギンラン 
Cephalanthera erecta

先週土曜日、去年見たハイキングコースのギンラン (銀蘭: Cephalanthera erecta:ラン科キンラン属)に会いに行きました。


Cephalantheraerecta6


Cephalantheraerecta8


上2枚は2012年5月12日、これは19日の花の散った様子。

Cephalantheraerecta9


しかし去年ほど咲いていませんでした。3本が花をつけていただけでした。
今日行ってみると3本以外にも株は確認できるのですが、花をつけていませんでした。

ギンランは地生蘭で、兵庫県レッドデータランクCの絶滅危惧種に指定されています。
砂防ダムのために整備された側道脇の空き地に咲いていました。まさにこんなところにという場所です。

ギンランは山地の林内に生え、茎の高さは10~20cmで、葉を2〜3枚つけます。
茎頂に長さ1cmほどの白色い花を数個つけます。唇弁には短い距があるので蘭らしくありません。
また側弁はあまり開かないので、咲いているのか蕾なのかわかりにくいです。

属名のセファランテラは cephalos(頭)とanthera(葯)で「頭部にある大きな葯の」という意味で葯の形に由来します。
種小名エレクタは「直立した」という意味です。

| | コメント (0)

« 2012年5月18日 | トップページ | 2012年5月20日 »