« 2012年5月26日 | トップページ | 2012年5月28日 »

2012年5月27日 (日)

半八重の西洋梅花空木 
Philadelphus coronarius

あちらこちらにセイヨウバイカウツギ(西洋梅花空木)、フィラデルフス ・コロナリウス(Philadelphus coronarius:ユキノシタ科バイカウツギ属) を見かけましたが、大概は半八重でした。


Philadelphuscoronarius7_2


Philadelphuscoronarius8


Philadelphuscoronarius9


バイカウツギ属は北米、メキシコを中心に、日本を含むアジア、ヨーロッパに30種が知られています。花弁は4枚で、花色は白、多くは落葉樹です。

フィラデルフス ・コロナリウスはヨーロッパ南東部、西アジアに分布する落葉低木で、これを親にして多くの園芸品種のが作られています。セイヨウバイカウツギという和名があります。

コロナリウスの半八重というのは雄しべが花弁化して、いわゆるアネモネ咲きになっているのです。花によっては八重と呼んでいいものも咲いています。
花の大きさは径3cmほどで、明るい葉色とマッチした清楚な花です。

柑橘系の芳香があり、英名はモック・オレンジ(Mock orange:まがい物のオレンジ)です。
属名フィラデルフスは、philos(愛)と adelphos(兄弟)からなり「人類愛の」という意味です。
種小名コロナリウスは「花冠のある、副花冠のある」という意味です.
命名者はリンネで、花冠が美しいという意味でこうつけたのではないかと思います。


| | コメント (2)

« 2012年5月26日 | トップページ | 2012年5月28日 »