« カナデンシスいろいろ 
Aquilegia canadensis
| トップページ | 3色ギリア 
Gilia tricolor »

2012年5月 4日 (金)

斑の美しいコリダリス 
Corydalis magadanica f. variegata

斑入り葉のコリダリス・マガダニカ(Corydalis magadanica f. variegata:ケシ科キケマン属)が咲きました。


Corydalismagadanica8


Corydalismagadanica9


Corydalismagadanica10


Corydalismagadanica11


コリダリス・マガダニカは学名からマガダンに咲いているキケマンだと推測できます。
マガダンとはソビエト連邦時代の1930年代に流刑地として開かれたマガダン地方のことで、アジア大陸の北東部のオホーツク海に面した地域です。

コリダリス・マガダニカは球根性のコリダリスといわれていますが、このコリダリスには球根がありません。そうするとコリダリス・マガダニカではない訳ですが、PlantWorldSeeds社のカタログにはこの名が掲載されており、この植物の名前の出所ではないかと思います。
2011年の紙媒体のカタログからはコリダリス・マガダニカは消えており、代わって日本に自生しているキケマン(Corydalis heterocarpa )が登場しています。以前のコリダリス・マガダニカはキケマンのことだということでしょうか。

以前に普通葉のコリダリス・マガダニカを育てていて、こぼれ種から突然斑入りが出てきたのが写真のものです。普通葉は芽が出ると抜いて捨てていたので、今は斑入り葉のものしか咲いていません。
根生葉には斑は少ししか入っていませんが、成長するにつれ斑が強くなり、最上部では完全に白化した「うぶ」と呼ばれる葉になったりします。
それがクリーム色で、何とも言えず美しいのです。
果実の莢にも縞が入っています。

|

« カナデンシスいろいろ 
Aquilegia canadensis
| トップページ | 3色ギリア 
Gilia tricolor »

コリダリス(Corydalis)(60)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナデンシスいろいろ 
Aquilegia canadensis
| トップページ | 3色ギリア 
Gilia tricolor »