« 2012年6月27日 | トップページ | 2012年6月29日 »

2012年6月28日 (木)

赤いセイヨウノコギリソウ 
Achillea millefolium 'Laura'

ご近所にアキレア「ローラ」(Achillea millefolium 'Laura':キク科ノコギリソウ属)が咲いていました。


Achlleapeggysue1


Achlleapeggysue2


ノコギリソウ属は北半球の寒帯から温帯にかけて約100種が知られています。羽状の鋸歯が特徴的なのでこの名があります。

セイヨウノコギリソウと呼ばれるミレフォリウムはヨーロッパからアメリカまでの北半球に広く分布するノコギリソウです。分布域が広いということは適応力があるということで、日本でも野生化するほど丈夫なノコギリソウです。

ミレフォリウムは白、赤、ピンクなどの舌状花を5個つけ、それがスプレー(散房)状に集まって花がつきます。春の終わりから秋までずっと咲き続けます。
「ローラ」はルビー色で花の中心に白い目があります。目立つ色合いのせいか、アカバナセイヨウノコギリソウと呼ばれたりします。

属名はギリシャ神話のトロイア戦争の英雄アキレウス(Achilleus)に由来します。
種小名ミレフォリウムは「多数の葉の」という意味で、葉が細く羽状に出ているのでノコギリには見えません。

| | コメント (0)

« 2012年6月27日 | トップページ | 2012年6月29日 »