« 2012年7月4日 | トップページ | 2012年7月6日 »

2012年7月 5日 (木)

白い八重咲きマーガレット 
Argyranthemum frutescens 'Yukiakari'

白い八重咲きマーガレット「雪あかり」(アルギランセムス・フルテスセンス:Argyranthemum frutescens 'Yukiakari':キク科モクシュンギク属)が咲いていました。


Argyranthemumfrutescens4


Argyranthemumfrutescens5


英語でマーガリート・デージー( Marguerite daisy )と呼ばれているアルギランセムス属はカナリア諸島だけに分布し、海浜地域に自生していると言われています。
種小名フルテスセンスは「低木状の」という意味で、和名も茎の根元が木化する春菊という意味でモクシュンギク(木春菊)です。

カナリア諸島原産なのでもともとは寒さには弱いのですが、シュンギクやシャスターデージーなどと交配され、野外で冬越しできるものが多くなっています。

マーガレットの中でも中心部の筒状花が普通の花のように開く品種を八重咲きといいます。
このタイプの八重咲きは中心部が黄色いものがありますが、このように白いのは「雪あかり」です。まだ十分開いていませんが、しばらくすると中心部の筒状花が開いて盛り上がっていきます。

属名は argyraeus(銀色の)と anthemon(花)の造語です。キク属(Chrysanthemum)が金の花(chrysos (金の)+ anthemon(花))と呼ばれていたのに対して、マーガレットは白い花なので銀花と呼んだのでしょう。
マーガレットは以前はキク属(Chrysanthemum frutescens)に分類されていました。

| | コメント (0)

« 2012年7月4日 | トップページ | 2012年7月6日 »