« 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月10日 »

2012年7月 9日 (月)

梅雨明け近いハンゲショウ 
Saururus chinensis

近くの池に咲いているハンゲショウ(半化粧、半夏生:Saururus chinensis:ドクダミ科ハンゲショウ属)が白くなっています。


Saururuschinensis10


Saururuschinensis11


暦では夏至から11日目の7月初めが半夏生と呼ばれて、この時期に葉が白くなるからハンゲショウと呼ばれています。この写真のものは、花序が長く伸びているので、白くなり出してから大分日が立っているようです。

ハンゲショウとドクダミは同じドクダミ科の植物ですが、違う属に分けられています。
ハンゲショウでは花序の根本にある葉(苞葉)4〜5枚が、その付け根の方から白化をおこします。
ドクダミと同じ構造ですが、白くなるのは葉の付け根の表面だけで、葉の先や葉裏は緑のままです。
完全に白い花びらになりきれていないところがドクダミ属ではなく、ハンゲショウ属に分けられている所以です。

梅雨が明けて暑くなると、白化した葉は元の緑の葉に戻ります。もうすぐ梅雨明けですね。

属名サウルルスはギリシャ語の sauros(トカゲ)+ oura(尾)の造語です。トカゲのしっぽのような長い花序に由来します。
種小名は「中国の」という意味です。

| | コメント (0)

« 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月10日 »