« 2012年7月22日 | トップページ | 2012年7月24日 »

2012年7月23日 (月)

クリムゾンとピンクのマンデビラ 
Mandevilla Hybrids 'Sun Parasole Gigant'

ご近所にマンデビラ「サンパラソルジャイアント」(Mandevilla Hybrids 'Sun Parasole Gigant':キョウチクトウ科マンデビラ属)が咲いていました。


サンパラソルジャイアント クリムゾンキング(Sun Parasole Gigant Crimson King)

Mandevillacv2


Mandevillacv1


サンパラソルジャイアント ピンク(Sun Parasole Gigant Pink)

Mandevillacv4


Mandevillacv3

中米から南米の熱帯、亜熱帯に約100種が分布するロート状の花を咲かせるつる性植物です。

サントリーが作出したサンパラソル系マンデビラの内の大輪系マンデビラ、「サンパラソルジャイアント クリムゾンキング(Sun Parasole Gigant Crimson King)」と「サンパラソルジャイアント ピンク(Sun Parasole Gigant Pink)」です。

サンパラソル系マンデビラは多分マンデビラ「アモエナ」(Mandevilla × amoena)の交配種だと思います。
「アモエナ」はマンデビラ・スプレンディス(Mandevilla splendens)を片親にした自然交雑種ですが、もう一方の親は分かっていません。
「アモエナ」の葉には表面が波打つという特徴がありますが、サンパラソル系マンデビラの葉は比較的滑らかな表面です。従って「アモエナ」の選別種ではなく、他の種類が掛け合わされていると推測されます。

花の大きさは10cmほどで、「クリムゾンキング」は今までにない濃い紅色を出し、華やかです。
喉部の内側には黄色い色がついています。

和名はチリソケイですが、ソケイ(素馨)とはジャスミンのことです。
属名マンデビラは英国人の外交官で園芸家で、ブエノスアイレスに住んでいたことのあるマンビデル( Henry Mandeville:1773-1861)さんに因みます。

| | コメント (0)

« 2012年7月22日 | トップページ | 2012年7月24日 »