« 2012年8月8日 | トップページ | 2012年8月10日 »

2012年8月 9日 (木)

公園のハマゴウ 
Vitex rotundifolia

近所の公園にハマゴウ(浜栲:Vitex rotundifolia:クマツヅラ科ハマゴウ属)が咲いていました。


Vitexrotundifolia1


Vitexrotundifolia2
ハマゴウは東アジア、東南アジア、オーストラリアまで広く分布する匍匐性の常緑小低木で、砂浜などに生育しています。
日本では、東北南部から沖縄の日当たりのよい砂浜に自生しています。

7月から9月にかけて、花を咲かせる時期になると花序の先が立ち上がって行きます。
高さ50cmほどの先に、香のある青紫色の花を円錐花序につけます。

花は唇形で、上唇が2裂、下唇が3裂します。下唇の真ん中の裂片が目立って大きくなっていて、その付け根は白くなっています。
雌しべは先が2裂し、雄しべは4本あり、共に花から飛び出しています。

楕円形の葉の裏面は白い毛で被われていて灰白色をしています。葉は全縁で、対生して生えています。

属名のビテックス(ウィテックス)はラテン語の vieo「織る、締め付ける」という動詞に由来し、セイヨウニンジンボク(Vitex agnus-castus)の枝で籠を編んだことに由来します。
種小名ロツンディフォリアは「円形の葉の」という意味で、ハマゴウ属の中では幅のある葉だからでしょう。


| | コメント (0)

« 2012年8月8日 | トップページ | 2012年8月10日 »