« 2012年8月28日 | トップページ | 2012年8月30日 »

2012年8月29日 (水)

真夏のシクラメン 
Cyclamen graecum ssp. graecum

シクラメン・グラエクム(Cyclamen graecum ssp. graecum:サクラソウ科シクラメン属)が咲き出しました。


Cyclamengraecum12


Cyclamengraecum13


Cyclamengraecum14


シクラメン・グラエクムは「ギリシャの」という意味の種小名が示すように、ギリシャを中心に、ヨーロッパ南東部、エーゲ海、地中海東部沿岸の草原や潅木帯に生えています。

グラエクムは生息地によって変移があり、3種の亜種が知られています。
グラエクム(ssp. graecum) ペロポネソス半島(コリントス市のある半島)、ロードス島以外のエーゲ海の島々(ほとんどトルコ領内)、地中海のクレタ島に分布しています。花の色が赤紫色で、基部にブロッチがあります。

アナトリクム(ssp. anatolicum) ロードス島やエーゲ海の島々、トルコ南西部に分布します。やや小さく香りがあります。

ミンドレリ(ssp. mindleri) クレタ島の西部に分布し、花の色は白かややピンクがかり、顎にはっきりしたブロッチがあります。

グラエカムは球根の下部からしか根を出さないので、腐らないように用土からかなり球根上部を出して植つけています。
見た目にはよく似ているシクラメン・ヘデリフォリウムやアフリカナムは、球根のいたる所から根を出しますので、球根が見えなくなるように植え付けるのが原則です。
球根の形もこの2つは扁平な球根ですが、グラエカムは下部は平ら、上部は盛り上がっています。

シクラメン・グラエクムは成長が早く、これまでブログにアップしてきた種子から育てて8年になる株は、1昨年、半分腐ってしまいましたが、ちゃんと生きていて昨年は花をつけました。
今年は今の時点では花芽は動いていません。
写真の株はタネを播いてから3年になりますが、これが初花なので早く咲いたのかもしれません。


| | コメント (0)

« 2012年8月28日 | トップページ | 2012年8月30日 »