« 2012年9月17日 | トップページ | 2012年9月19日 »

2012年9月18日 (火)

小さな花のタデ 
Persicaria microcephala

空き地にペルシカリア・ミクロケファラ(Persicaria microcephala:タデ科イヌタデ属 )が咲いていました。


Persicariamicrocephala4


Persicariamicrocephala6


Persicariamicrocephala5


ペルシカリア・ミクロセファラはヒマラヤから中国にかけて分布する多年草です。

ペルシカリア・ミクロセファラは背丈は50cmを超える地植えが可能な観葉植物として流通しています。
花は夏から晩秋にかけて、6〜10cmの長さの穂状花序に3mmほどの小さな白い花をつけます。シーズン中ずっと咲き続けているようです。
本来は明るいピンク色のようですが、この株は白花で、蕊が薄紫をしており、小さい花といえ趣があります。

葉脈が赤く、かすかに白いV字模様が入っていますので、葉が銅色の園芸種の「レッドドラゴン(Red Dragon)」が普通葉に近づいたのだと思います。

属名のペルシカリアは、「桃(Amygdalus persica)のような」という意味で、葉の様子を指しています。
種小名のミクロケファラは「小さな頭花の」という意味です。
英名は Smartweed(スマート草)、 Knotweed(結び草)、Fleeceflower(羊毛花)です。

| | コメント (0)

« 2012年9月17日 | トップページ | 2012年9月19日 »