« 2012年9月19日 | トップページ | 2012年9月23日 »

2012年9月22日 (土)

地味な花 
Rhynchospermum verticillatum

山にシュウブンソウ(秋分草:Rhynchospermum verticillatum:キク科シュウブンソウ属)が咲いていました。


Rhynchospermumverticillatum1


Rhynchospermumverticillatum2


秋分の頃に咲くのでこの名があります。
関東地方以西の山地の木陰に生える多年草で、日本以外には朝鮮半島南部、南東アジア、インドに分布しています。

50~100cmの草丈があり、直立する茎から少数の枝を斜上させます。
秋に枝先や葉腋から淡黄緑色の径5mmほどの目立たない頭花をつけます。
頭花は舌状花が2列に並び、その内側に筒状花を多数つけます。
舌状花の種子は鳥のくちばし状に細くなりますが、筒状花の果実はそのようになりません。

葉は鋸歯のある長楕円形から披針形をしていて、葉脈にそってくぼんでいます。

薄暗いところに咲いていて、写真にしにくい花です。

属名はrhynchos(嘴(くちばし))とsperma (種子)の造語で、舌状花の種子が尖るという特徴を指しています。
種小名のベルティキラツムは「輪生の」という意味で、葉の付き方を指しています。

| | コメント (0)

« 2012年9月19日 | トップページ | 2012年9月23日 »