« 2012年9月25日 | トップページ | 2012年9月27日 »

2012年9月26日 (水)

斑入りのコヤブラン 
Liriope spicata f. variegata

ご近所に斑入りのコヤブランが(Liriope spicata f. variegata:ユリ科ヤブラン属)が咲いていました。


Liriopespicata1


Liriopespicata3


Liriopespicata2


コヤブランは先日の、ヤブラン同様、東アジアに分布し、日本ではヤブランよりやや南の本州中部以西から沖縄まで分布しています。山野の林床に生えています。
リュウキュウヤブランとも呼ばれますが、このような斑入り種は園芸種で水晶蘭やシルバードラゴンという名で流通しています。

花は総状花序につきますがヤブランに比べると花同士に間が広く、花色が淡い紫色をしています。

草丈は30cmほどで、背丈が低いので「コ」とつけられています。ヤブランに比べると葉の幅が細く、また斑入り種は覆輪の白さが際立っています。
ヤブランが大株になって増えていくのに対して、地下茎を延ばすコヤブランは横に広がって増えていきます。

種小名のスピカタは「穂状の」という意味です。
英名は creeping lilyturf (這うユリのような芝)です。

| | コメント (0)

« 2012年9月25日 | トップページ | 2012年9月27日 »