« 2012年11月28日 | トップページ | 2012年12月8日 »

2012年11月30日 (金)

まだ咲いていたメカルドニア 
Mecardonia hybrids

ご近所でメカルドニア・ヒブリドゥス(Mecardonia hybrids:ゴマノハグサ科メカルドニア属)が咲いていました。


Mecardoniaacuminata4


Mecardoniaacuminata6


Mecardoniaacuminata5


メカルドニア属は以前はウキアゼナ(バコパ:Bacopa)属に含まれていましたが、水生植物としてのウキアゼナ属以外は別属に入れられました。新たにステラ(Sutera)属やメカルドニア属が立てられました。メカルドニア属は主に亜熱帯に37種が知られています。

2cmほどの黄色い花を初夏から秋まで長い間咲かせます。
花の上弁には細い毛のような付属物があり、焦茶色のスジが入っています。
多年草のようですが、日本では冬に枯れてしまう1年草の扱いです。

育種業者によってマジックカーペット(Magic Carpet Yellow:米国さかたのタネ) イエロークロサイト(Yellow Chrosite:さかたのタネ)、ブライト・イエロー(Bright Yellow:サントリー)、ゴールドダスト(GoldDust:米国Proven Winners)などと名付けられて、見た目には全く同じ黄色い花を咲かせます。

アメリカの南部に分布するメカルドニア・アクミナタ(Mecardonia acuminata)が親だといわれていますが、アクミナタは白い花をつけ立ち上がっていきます。むしろ黄花で這い性のあるメカルドニア・プロクンベンス(Mecardonia procumbens)の血が濃いような気がします。複数の種類が係わっているのでしょう。

属名はスペインのバルセロナにある王立医学校付属の植物園の創設のために1784年に土地を寄贈したメカ・イ・カルドン(Antoni de Meca i Cardona)さんに因みます。
英名は アクシルフラワー(Axilflower:葉腋の花) や赤ん坊の小躍り( baby jump-up) という名があります。


| | コメント (0)

« 2012年11月28日 | トップページ | 2012年12月8日 »