« 2013年4月1日 | トップページ | 2013年4月3日 »

2013年4月 2日 (火)

もう一つのテコフィラエア・シアノクロクス 
Tecophilaea cyanocrocus ver. violacea

テコフィラエア・シアノクロクス・ビオラセア(Tecophilaea cyanocrocus ver. violacea:ヒガンバナ科テコフィラエア属 )が咲きました。


Tecophilaeaviolacea5


Tecophilaeaviolacea4


Tecophilaeaviolacea1

テコフィラエア・シアノクロクスは花の色の違いから次の3種に分類されています。
 シアノクロクス(Tecophilaea cyanocrocus v. cyanocrocus)
 ライヒトリニィTecophilaea cyanocrocus v. leichtrinii)
 ビオラセア(Tecophilaea cyanocrocus ver. violacea)

テコフィラエア・シアノクロクス・シアノクロクス(Tecophilaea cyanocrocus v. cyanocrocus)に比べると花色は変種名「すみれのような」が示すようにやや赤紫がかっています。

テコフィラエア・シアノクロクスがベロ藍(ベルリンブルー)と呼んでよい濃い鮮やかなブルー、ライヒトリニィが陽にかざしたスマルト(コバルトガラスの青)でしたが、ビオラセアは見慣れたスミレの花色です。
そのためか日本人にはあまり話題になることはありません。球根の値段も1/3ほどです。
テコフィラエアはブルーが売りですが、スミレ色のものも綺麗です。

| | コメント (0)

« 2013年4月1日 | トップページ | 2013年4月3日 »