« 2013年4月6日 | トップページ | 2013年4月8日 »

2013年4月 7日 (日)

緋色のレンゲ 
Anthyllis vulneraria ver.coccinea

ご近所の庭先に鮮紅色の花を見かけました。最近で回ってるアンティリス・ブルネリラリア・コッキネア(Anthyllis vulneraria ver.coccinea:マメ科アンティリス属)です。


Anthyllisvulnerariacoccinea1


Anthyllisvulnerariacoccinea2


Anthyllisvulnerariacoccinea3


アンティリス属は地中海沿岸を中心に、ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアに約50種が知られれています。黄、紅、紫、白色の蝶形の花を枝先や葉腋に球状につけます。

アンティリス・ブルネリラリアはヨーロッパ原産の薬草で、1年草、時には多年草になるようです。
変異が多く、いくつかの変種や亜種に分けられています。
北米に広がっていますが、我が国にも帰化しているようです。

普通種は黄色い花を咲かせますが、アンティリス・ブルネリラリア・コッキネアは鮮やかな緋色をしています。
花は枝先に集まってつきボール状につき、数枚に深裂する総苞に包まれています。微毛の生えた黄色い萼は膨らんでいます。

背丈15cmほどで、這い性があり横に広がります。灰色がかった線状長楕円形の小葉5〜13枚が対になった羽状をしています。
この種類は、耐寒性はあるが耐暑性が弱く、痩せて乾いた土壌を好みます。

属名アンティリスはこの植物につけられた古代ギリシャ名です。
種小名ブルネリラリアは「傷(を治す)、痛み(を和らげる)」という意味で、止血薬として使われていたことに由来します。
変種名のコッキネアは「緋紅色の」という意味です。
和名は赤花ゲンゲ(レンゲ)やクマノアシツメクサ、英名は Common kidneyvetch(一般的なキドニーベッチ), Kidney vetch, woundwort

| | コメント (0)

« 2013年4月6日 | トップページ | 2013年4月8日 »