« 2013年4月8日 | トップページ | 2013年4月10日 »

2013年4月 9日 (火)

上品なコリダリス 
Corydalis decumbens

山のハイキングコースにジロボウエンゴサク(Corydalis decumbens:ケシ科コリダリス属)が咲いていました。


Cdecumbens1


Cdecumbens2


Cdecumbens4


ジロボウエンゴサクは関東以西の山麓地帯に生育しています。台湾,中国にも分布しているそうです。丘陵地の雑木林の林縁などの湿ったところで見かけます。

地下に直径1cmほどの不定形の塊茎があり,早春に花茎を出し、総状花序に紅紫色の花を数個つけます。長い柄の根出葉を伸ばすと同時に開花します。葉はくさび形で、細かく羽状に裂けています。

薄紫色の細長い花はムラサキケマンと違って上品に見えますが、花の数が少なく、ラッシュアワー状態ではないからでしょうか。

エンゴサクという名は中国語で、延胡索という漢方の生薬の名です。塊茎を茹でて乾燥したものをいいます。
ただし漢方薬に使われるのはこの属の他の種類で、このエンゴサクにその効果はあるかどうかわかりません。

属名のコリダリスはギリシャ語の雲雀を意味する Korydallis に由来します。雲雀の長い蹴爪(距:けずめ)からの連想でしょう。
種小名デクンベンスは「横臥した」という意味です。

| | コメント (0)

« 2013年4月8日 | トップページ | 2013年4月10日 »