« 2013年6月7日 | トップページ | 2013年6月9日 »

2013年6月 8日 (土)

濃紫色のマルギナータ 
Primula 'Rhenaniana'

プリムラ「レナニアナ」(Primula 'Rhenaniana':サクラソウ科サクラソウ属)が咲いています。


Pmarginata3


Pmarginata4


Pmarginata5


プリムラ「レナニアナ」は著名なドイツの育種家アレンドス(George Arends:1862-1952)さんが1903年に作出したプリムラ・マルギナータ(Primula marginata)とプリムラ・オーリキュラ(Primula auricula)の交配種です。

学名の表記は Primula marginata X auricula や Primula marginata hybrids、 Primula x rhenaniana などさまざまに記されます。

花色はマルギナータの園芸種にはよく見られる青紫色、紫色系ですが、青紫色で有名な「ヒアシンシア(Primula marginata 'Hyacinthia')」よりも濃い紫色をしています。

プリムラ「レナニアナ」はマルギナータの特徴が色濃く表れており、葉には白い粉を吹きます。また花弁の中心部にも真っ白に粉を吹いて、花色をより鮮やかに見せています。

品種名レナニアナはラテン語で「ライン川(Rhine)のほとりの」という意味のようです

| | コメント (0)

« 2013年6月7日 | トップページ | 2013年6月9日 »