« 2013年6月24日 | トップページ | 2013年6月27日 »

2013年6月26日 (水)

中国のサンタンカ 
Ixora chinensis

サンタンカ(山丹花、三段花:Ixora chinensis:アカネ科イクソラ属)が咲いていました。


Ixorachinensis1


Ixorachinensis2


Ixorachinensis3


イクソラ属は常緑の亜低木、低木で、熱帯、亜熱帯に約500種が知られています。

サンタンカと呼ばれるのはこのイソクラ・シネンシスで、中国南部からマレーシアにかけての熱帯雨林帯に自生する常緑低木です。

茎の先に30個ほどの花が総状花序に半球状になって咲きます。花は細長い筒状の喉部を持ち、喉部から深く4裂して平開します。
花の大きさは径1cmほどで、オレンジ色をしています。
花弁は丸みのある形で、雄しべが4本、喉部から飛び出しています。
最近はこのサンタンカではなく、緋色のサンタンカ(Ixora coccinea)が流通していますが、こちらは花びら先が尖っています。

長さ5~10cmの全縁楕円形の葉は対生し、無毛で革質をしています。
酸性土壌を好むようです。

属名のイクソラは「シバ神」の ポルトガル語表記で、この花をシバ神に供えたことに由来するそうです。
種小名のシネンシスは「中国の」という意味です。

| | コメント (0)

« 2013年6月24日 | トップページ | 2013年6月27日 »