« 2014年1月3日 | トップページ | 2014年1月5日 »

2014年1月 4日 (土)

秋咲きのクロッカス 
Crocus goulimyi

今は葉だけですが、少し前にクロッカス・ゴウリミー(Crocus goulimyi:アヤメ科クロッカス属)が咲きました。



Crocusgoulimi1


Crocusgoulimi2


Crocusgoulimi3



クロッカス・ゴウリミーはギリシャ南部のペロポネス地方に分布する秋咲きのクロッカスで、優しい薄紫色の花を咲かせます。
薄紫色の花の他に、レウカンサス(Crocus goulimyi ssp. leucanthus)という白花亜種が知られています。

葉はクロッカスによく見られる中心に白い筋のある松葉状の細い葉です。
乾燥した大地を好むようです。

属名はギリシャ語の「糸(krokos)」に由来し、花柱が糸状に長く伸びることを指していると言われています。

種小名は法律家で植物学者のゴウリミス(Constantine Goulimis:1886-1963)さんに因んでつけられました。彼はギリシア原産の植物をいくつか発見しています。
ゴウリミスさんが園芸的に引用されるときは Constantine N. Goulimy と称されるので、学名も goulimyi と表記されるようです。

| | コメント (2)

« 2014年1月3日 | トップページ | 2014年1月5日 »