« 2014年1月6日 | トップページ | 2014年1月11日 »

2014年1月 8日 (水)

今どきキクザキイチゲが一輪 
Anemone pseudo-altaica

紫のキクザキイチゲ(菊咲一華:Anemone pseudo-altaica:キンポウゲ科イチリンソウ属)が1輪だけ咲きました。


Anemonepseudoaltaica1


Anemonepseudoaltaica2


キクザキイチゲは本州中部以北の山林の林床に咲くイチリンソウで、白一色が多いのですが、北に行くにつれブルーや紫の花をつけるものが多くなっていくようです。

昨年は藤色の花だったのですが、今年の花は白色で、花びら(萼)も20枚近くなっています。
変な時期に咲いたせいなのか、元々いろいろと混ざっていたのか分かりません。

キクザキイチゲは花びらの数は10枚ほどで、このように多いのはアズマイチゲの可能性がありますが、全体の感じはキクザキイチゲです。
イチリンソウ属は花びらの枚数は種類の同定に意味を持たないことがよくあります。

寒い時期に咲くと花びらは半透明で、葉は紫がかり、全く違う花のようです。
楚々として咲いています。

種小名プセウドアルタイカは「アルタイカに似た、アルタイカもどきの、偽アルタイカの」という意味です。アネモネ・アルタイカ(Anemone altaica)とは葉以外似ていないように思います。

| | コメント (2)

« 2014年1月6日 | トップページ | 2014年1月11日 »