« 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月28日 »

2014年1月24日 (金)

真冬のニオイスミレ 
Viola odorata

ポツポツとニオイスミレ(Viola odorata:スミレ科スミレ属)の園芸種が咲いています。

これは「ミセス・アール・バートン(Viola odorata 'Mrs. R. Barton')で、英国のクライブ・ナーセリー(Groves Nurseries)で作出されたニオイスミレです。
白地に紫の吹っかけ絞りが入ります。純白というわけではなく、不規則に、ピンクに見える薄紫色が入ります。
細身の花弁で、清楚な印象です。


Vmrsrbarton1


Vmrsrbarton2



「ボーンマス・ジェム(Viola odorata 'Bournemouth Gem')」は大ぶりのぽっこりした花形で、青味がかった紫の花を咲かせます。ニオイスミレの中でも一番ではないかというぐらい大きな花をつけます。香りも一番ではないかと思います。


Vbournemouthgem1


Vbournemouthgem2



「コルンバイン(Viola odorata 'Columbain')」です。コルンバインとはオダマキ(Aquilegia)の英名ですが、そのようなイメージの明るい紫色の花を咲かせます。
すっきりした容姿です。


Vcolumbain1


Vcolumbain2

| | コメント (0)

« 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月28日 »