« 2014年3月4日 | トップページ | 2014年3月10日 »

2014年3月 8日 (土)

米粒ほどの花 
Veronica cymbalaria

コゴメイヌノフグリ(小米犬陰嚢:ベロニカ・キンバラリア:Veronica cymbalaria:ゴマノハグサ科クワガタソウ属)が咲き出しました。


Vcymbalaria1


Vcymbalaria2


Vcymbalaria3


地中海沿岸からユーラシア大陸にかけて原産の、リンネが名付けたクワガタソウです。日本にも帰化しているといわれています。

昭和51年発行の原色日本帰化植物図鑑(長田武正著、保育社刊)にはコゴメイヌノフグリは記載されていません。まだ上陸していなかたのでしょう。

花はオオイヌノフグリより小さい、径4mmほどの白い花を咲かせます。1日花で花びらが落ちると、その名のとおり、お米がこぼれたようです。

葉は広楕円形で、鋸葉が目立ちます。
背丈は10cmほどで、横に広がります。全体に白い軟毛が粗に生えています。

小種名のキンバラリアはギリシャ語のkymbalonに由来し、丸い器という意味です。シンバラリア・ムラリス(ツタカラクサ:Cymbalaria muralis:ゴマノハグサ科シンバラリア属)に葉が似ています。リンネはシンバラリア・ムラリスをリナリア・キンバラリア(Linaria cymbalaria)と命名し、後にシンバラリア属に分属したのですが、同じ種小名をつけたリンネには、両者に似たような特徴があると認めたのだろうと思います。

英名は Cymbalaria speedwell や Pale Speedwell です。

| | コメント (0)

« 2014年3月4日 | トップページ | 2014年3月10日 »