« 2014年4月4日 | トップページ | 2014年4月7日 »

2014年4月 5日 (土)

筍のようなムスカリ 
Muscari latifolium 'Grape Ice'

ムスカリ・ラティフォリウム「グレープ・アイス」(Muscari latifolium 'Grape Ice':ユリ科ムスカリ属)が咲いています。


Mgrapeice7_3


Mgrapeice2


Mgrapeice4
2014月3月28日 花穂全体が現れました。


Mgrapeice5
2014月3月24日


Mgrapeice6
2014月3月15日 まるで筍かザゼンソウのようです。


ムスカリ・ラティフォリウムの原種はトルコの北西部の海抜1000mほどの山地に分布しています。針葉樹の林間の開けたところに見られるそうです。

よく知られているムスカリ(Muscari armeniacum)は葉が細くて長いのですが、ムスカリ・ラティフォリウムはボトリオイデス( Muscari botryoides)と近縁の幅広の葉を持つムスカリです。チューリップのような葉を2枚つけます。
ポトリオイデスとラチフォリウムの違うところは2色咲きかそうでないかというところです。

多くのムスカリは葉がでて、葉が充分大きくなってから花穂が立ち上がります。
ところがラティフォリウムの花穂を包む葉が1cmほど顔を出し、それに割れ目が入って1番下の写真のような蕾が顔を覗かせます。まるで筍のようです。
そして1番上の写真のように花穂が充分伸びてから、2枚目の葉が出てきます。

この「グレープ・アイス」は最近流通しだした新しい品種です。
名前の通り葡萄にアイスがのっかったように濃青紫色の花穂の上の方が白くなるのが特徴です。

種小名のラティフォリウムは「広葉の」という意味です。

| | コメント (0)

« 2014年4月4日 | トップページ | 2014年4月7日 »