« 2014年4月5日 | トップページ | 2014年4月8日 »

2014年4月 7日 (月)

2色咲きムスカリ色々 
Bicolored Muscaris

先日のムスカリ・ラティフォリウム「グレープ・アイス」に引き続き、白とブルーに咲分けるムスカリが咲き出しました。
それぞれ花色や葉が違っています。一挙公開します。


ムスカリ・ネグレクツム(Muscari neglectum:ユリ科ムスカリ属)です。
ムスカリ・ネグレクツムは地中海沿岸を中心に、ベルギーからドイツを経て南ロシア、アルタイ山脈にわたって分布しています。

ネグレクツムはつや消しの濃い群青色の花をつけます。
花冠の開口部には白い縁取りが出ます。
葉は細い三角形で、立ち上がっています。

種小名ネグレクツムは「無視する、見逃す、見落とす」という意味です。

Mneglectum5
Muscari neglectum



ムスカリ・オクリ(アウケリ)「オーシャンマジック」(Muscari aucheri 'Ocean Magic':ユリ科ムスカリ属)です。
「オーシャンマジック」はムスカリ・オクリの園芸種なので葉が細長い三角形をしています。

種小名のオクリは、1838年にトルコの北部オマーンの山岳地帯で約150種の植物を収集したフランスの園芸家オクウ・レロワ(P. M. R. Aucher-Eloy:1792-1838)に因む名前です。このムスカリもトルコ原産です。

Moceanmagic4
Muscari aucheri 'Ocean Magic'



ムスカリ・オクリ(アウケリ)「マウントフッド」(Muscari aucheri 'Mount Hood':ユリ科ムスカリ属)です。
「マウントフッド」は優しいブルーと白の咲き分けで、園芸種としては最初に2色咲き品種だったと思います。

「オーシャンマジック」同様、ムスカリ・オクリの園芸種なので葉が細長い三角形をしています。

名前のマウントフッドイギリス海軍提督サミュエル・フッド(Samuel Hood:1724-1816)に因んだオレゴン州のフッド山(Mount Hood)に由来するといわれています。

Mmountfoot6
Muscari aucheri 'Mount Hood'



ムスカリ・アルメニアクム「タッチ・オブ・スノー」(Muscari armeniacum'Touch of Snow':ユリ科ムスカリ属)です。

「タッチ・オブ・スノー」はムスカリ・アルメニアクムの園芸種ですから糸状の細長い葉をしています。
最近流通するようになった品種です。

上3種と同じ2色咲きですが、葉に明確な特徴があり、簡単に区別できます。

Mtouchofsnow1
Muscari armeniacum'Touch of Snow'

| | コメント (0)

« 2014年4月5日 | トップページ | 2014年4月8日 »