« 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月22日 »

2014年4月21日 (月)

カシミールのコリダリス 
Corydalis cashmeriana

コリダリス・カシミリアナ(カシュメリアナ)(Corydalis cashmeriana:ケシ科コリダリス属)が咲いています。


Corydaliscashmeriana5


Corydaliscashmeriana6


Corydaliscashmeriana7


Corydaliscashmeriana8
この写真だけ2014年4月11日撮影、蕾をつけた頃の様子


コリダリス・カシミリアナは種小名から類推できるようにヒマラヤ、カシミール地方を中心に、ブータン、北インド、ネパールなどの海抜3000m〜4500mの山脈地帯に分布しています。
このような高山の北の斜面や岩場の背の低い草原や希に岩礫地に自生しています。

宿根性のコリダリス属で、現地では5月から8月頃にかけて花をつけるようです。
球根性のコリダリスのように丸い球根ではなく、糸巻き状の小さな地下茎を持っています。したがって球根を持つコリダリスには分類されません。

背丈は10cmほどで、散房花序に似た総状花序に比較的少ない(3から7個)花をつけます。
距は15mm足らずで、距の長い、透明感のあるブルーのスラッとした花です。
苞葉は不規則に披針形に裂けています。
葉は大きく三片に裂ける手掌状で、互生してついています。

昨シーズンは11月という変な時期の咲いたり、変な形に開いたりしましたが、今年は美しい姿を見せてくれました。
高山植物とは思えない丈夫な植物です。

| | コメント (0)

« 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月22日 »