« 黄色いムスカリ
Muscari macrocarpum
| トップページ | 米国の匍匐スミレ 
Viola walteri »

2014年4月16日 (水)

2種のテコフィラエア 
Tecophilaeas

テコフィラエア( ヒガンバナ科テコフィラエア(Tecophilaea)属)が咲きました。

テコフィラエアは南米チリ、サンチャゴ近辺のアンデス山脈の海抜2000〜3000m級の乾燥した草原や礫の多い傾斜地に自生しています。

1862年にドイツ人植物学者フリードリッヒ・レイボルト(Friedrich Leybold;1827-1879)さんが発見し、「アンデスの青い宝石」としてヨーロッパに紹介しました。

他にはない鮮やかで濃いブルーの色に多くの人が飛びつき、乱獲された結果、自生地では絶滅したと言われていました。
しかし2001年になって サンチャゴ南部に大規模な自生地が発見されたそうです。


Tecophilaealeichtrinii1


Tecophilaealeichtrinii2


テコフィラエア・シアノクロクス・ライヒトリニィ(Tecophilaea cyanocrocus v. leichtrinii)です。

ライヒトリニィは真夏の空色のような明るいブルーで、中心部が大きく白く抜けます。
テコフィラエアはブルーが売りですが、このような明るいブルーも魅力です。



Tecophilaeaviolacea1


Tecophilaeaviolacea2


テコフィラエア・シアノクロクス・ビオラセア(Tecophilaea cyanocrocus ver. violacea)です。

テコフィラエア・シアノクロクス・シアノクロクス(Tecophilaea cyanocrocus v. cyanocrocus)に比べると「すみれのような」という意味を持つ変種名ビオラセアが示すように、花色は見慣れたスミレ色です。
そのためか日本人にはあまり話題になりませんね。

英名は Chilean blue crocus(チリーのブルークロッカス)。

属名テコフィラエアはイタリアの植物学者ルイージ・コーラ(Luigi Colla;1766-1848)さんの娘のテコフィラ( Tecophila:元の意味は「愛しい子」)さんに因んでつけられたそうです。

種小名シアノクロクスはシアン色のクロッカスという意味です。
変種名はドイツの植物学者マクシミリアン・ライヒトリン(Maximilian Leichtlin:1831-1910)さんに因みます。

|

« 黄色いムスカリ
Muscari macrocarpum
| トップページ | 米国の匍匐スミレ 
Viola walteri »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄色いムスカリ
Muscari macrocarpum
| トップページ | 米国の匍匐スミレ 
Viola walteri »