« 2014年5月7日 | トップページ | 2014年5月9日 »

2014年5月 8日 (木)

赤いアネモネ 
Anemone x lesseri

アネモネ・レッセリー(Anemone x lesseri:キンポウゲ科イチリンソウ属)が咲いています。


Alesseri6


Alesseri7


Alesseri8


アネモネ・レッセリーはアネモネ・ムルチフィダ(Anemone multifida)とアネモネ・シルベストリス (Anemone sylvestris)の交配種で、根茎を持つ多年草です。
アネモネ・ムルチフィダは北米大陸アラスカから南米までの平地から亜高山帯に広く分布する背丈30〜60cmのアネモネです。
アネモネ・シルベストリスは中央、北ヨーロッパからシベリアにかけて、石灰質の落葉森林地帯に分布する20〜40cmの白い花を咲かせるアネモネです。

この2種の分布域から考えた、決して自然交配が生じるはずがないので、園芸品種として交配されたものです。

30cmほどの花茎を立て、その先に1輪の2cmほどの赤い花を咲かせます。
花茎の先に1輪咲いた後、苞葉部分から分枝して2〜3輪咲かせます。

アネモネ・ムルチフィダには赤い花を咲かせる変種があり、その花色が出ているのでしょう。
しかし花色は赤だけではなく、希にクリーム色や黄色、紫色の花を咲かせることがあります。


種小名レッセリーは人名であることには間違いないのですが、「レッサー」さんがどのような人物かわかりません。

| | コメント (0)

« 2014年5月7日 | トップページ | 2014年5月9日 »