« 赤いアネモネ 
Anemone x lesseri
| トップページ | 蘭のような花 
Melittis melissophyllum 'Royal Velvet Distinction' »

2014年5月 9日 (金)

カッコウの花
Lychnis flos-cuculi

リクニス・フロスーククリ(Lychnis flos-cuculi:ナデシコ科センノウ属)が咲いています。


Lychnisfloscuculi1


Lychnisfloscuculi2


Lychnisfloscuculi3


センノウ属は北アフリカを含む地中海沿岸、アジアに25〜35種が分布しています。
マンテマ(silene)属とは近縁といわれています。

リクニス・フロスーククリはヨーロッパからコーカサス、シベリアにかけて分布し、道路際や湿った草地、牧場で見かける多年草です。
米国北部やカナダ東部には帰化しているようです。

高さは30~60センチほどになり、スプレー状の集散花序に径2cmほどの花をつけます。
花びらはピンク以外に白い花があり、深く切れ込んで4裂しています。

葉は青緑色の披針形で、根元のものは楕円形で茎を抱きます。葉にはわずかに毛が生えています。

和名はカッコウセンノウとつけられています。カッコウが羽を広げているように見えるのでこの名があるという説がありますが、多分、種小名の「カッコウの花」からきているのだろうと思います。

英名は Ragged robin(ボロを着たコマドリ)です。花びらが細く裂けているからボロがついているのでしょう。それにしてもひどい表現です。
属名のリクニス(Lychnis)は、赤い花の種類につけられていた名だそうで、火(lychnos)に由来します。
種小名フロスーククリは「花(flos)」と「カッコウ(Cuculus)の」という意味です。

|

« 赤いアネモネ 
Anemone x lesseri
| トップページ | 蘭のような花 
Melittis melissophyllum 'Royal Velvet Distinction' »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤いアネモネ 
Anemone x lesseri
| トップページ | 蘭のような花 
Melittis melissophyllum 'Royal Velvet Distinction' »