« 小さなリューコジュウム 
Acis trichophylla
| トップページ | 孔雀模様の花 
Moraea villosa »

2014年5月 4日 (日)

メタリックなムスカリ 
Muscari botryoides 'Blin Blin'

ムスカリ「ブリンブリン」(Muscari botryoides 'Blin Blin':ユリ科ムスカリ属)が咲いています。


Mblinblin1


Mblinblin3


Mblinblin3_2


ブリンブリンとはヒップホップカルチャーで、キラキラしたアクセサリーを身にいるさまを指すスラングです。
ムスカリの名に、このブリンブリンをつけた理由は花が咲くとすぐにわかります。
ムスカリがメタリックな光沢で青紫に輝いているのです。少しはツヤのあるムスカリはありますが、このようなツルツルのムスカリを見たのは初めてです。
金属的な、本当に不思議な光沢です。
さらにメリットは花が長持ちすることです。

2011年にこのムスカリの光沢はKAVB研究所(オランダ王室球根栽培協会)で証明され、2013年7月に新種登録されたそうです。
ですから出来立てのホヤホヤのムスカリということです。

ムスカリ・ボトリオイデス (Muscari botryoides)はブルーの花色で、和名もルリムスカリといいます。
種小名のボトリオイデスは「総状の」という意味で、花序を指しています。ムスカリは全て総状花序ですから、この種小名は特徴でも何でもありません。

ボトリオイデスはヨーロッパ中部からコーカサスにかけて広く分布しており、ヨーロッパでは比較的早い時期から庭園を賑わせていたそうです。
秋にアルメニアクム(Muscari armeniacum)より幅広の葉が3〜4枚出て、そのまま冬越しをします。

|

« 小さなリューコジュウム 
Acis trichophylla
| トップページ | 孔雀模様の花 
Moraea villosa »

ムスカリ (Muscari) (59)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなリューコジュウム 
Acis trichophylla
| トップページ | 孔雀模様の花 
Moraea villosa »