« まだまだ花をつけるスミレ 
Viola sacchalinensis
| トップページ | ラベンダーのデルフィニウム 
Delphinium requienii »

2014年6月 1日 (日)

鈴木さんの花
Suzukia luchuensis

ヤエヤマスズコウジュ(八重山鈴香需:Suzukia luchuensis:シソ科ヤエヤマスズコウジュ属)が花盛りです。


Suzukialuchuensis1


Suzukialuchuensis2


Suzukialuchuensis3


ヤエヤマスズコウジュ属は沖縄と台湾に分布し、本種以外にスズキア・シキクネンシス(Suzukia shikikunensis:シキクンソウあるいは鈴木草)が台湾に分布しています。カキドオシ属から分かれた種類です。

ヤエヤマスズコウジュは沖縄本島や八重山諸島に分布する多年草で、台湾にも分布しています。
沖縄本島では見かけることがなくなり、今は与那国島の海岸近くの石灰岩地に自生しているそうです。

這い性なので背丈は5cmほどですが、茎は20〜40cm延ばして広がっていきます。
やや厚みのある葉は、粗い鋸歯のある卵型をしています。

花はピンク色の唇形花で、茎の先の方の葉腋に総状花序につけます。
葉は対生していますので、多くは2個対になって、同じ方向に花を開きます。
花の長さは1cmほどで、下唇は3裂しています。

4月始めに花をつけだしてから、ずっと咲き続け、最近では花数が増えてきました。

環境省のレッドリストには、「絶滅の危険が増大している種(絶滅危惧II類(VU))に記載されています。

属名のスズキアは鈴木重良(1894-1937)さんの名に因みます。鈴木さんは昭和12年台北帝国大学農林専門部学教授になった直後胃がんで亡くなっています。大正6年台湾に移住して以来台湾の植物研究、特に樹木に関する調査に尽くした人です。
種小名のルーキュエンシスは「琉球の」という意味です。

|

« まだまだ花をつけるスミレ 
Viola sacchalinensis
| トップページ | ラベンダーのデルフィニウム 
Delphinium requienii »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ花をつけるスミレ 
Viola sacchalinensis
| トップページ | ラベンダーのデルフィニウム 
Delphinium requienii »