« 2014年8月17日 | トップページ | 2015年1月1日 »

2014年8月21日 (木)

アスクレピアス・インカルナタのタネ 
Asclepias incarnata

アスクレピアス・インカルナタ(Asclepias incarnata:カガイモ科アスクレピアス属)の莢が弾けて、タネが飛び出しました。


Asclepiasincarnata11


Asclepiasincarnata12


Asclepiasincarnata13


アスクレピアス属は北米とアフリカに100種類以上が分布しているといわれています。
アスクレピアス・インカルナタは、北米の北はカナダ(マニトバ州やケベック州)から西はルイジアナ州やテキサス州、南は米国ジョージア州まで広く自生しています。

種小名インカルナタは「肉色の」という意味で、花の色を示しています。6mmほどの大きさのローズ色の花を、直径4〜8cmの半球状の散形花序につけます。
これまでもトウワタ(唐綿:アスクレピアス・クラサビカ:Asclepias curassvica)が果実をつけたのを見たことがありますが、3年ほど前から花を付けるようになったインカルナタが初めて1本だけ果実をつけました。

莢も、その中の様子も、長い毛をつけたタネもクラサビカと同じでした。
同じガガイモ科の植物でオキシペタラム・カエルレウム(Oxypetalum caeruleum)も同じタネをつけていました。

| | コメント (0)

« 2014年8月17日 | トップページ | 2015年1月1日 »