« 2015年4月11日 | トップページ | 2015年4月14日 »

2015年4月13日 (月)

アメリカのキスミレ 
Viola pubescens

ビオラ・プベッセンス(Viola pubescens ver. pubescens:スミレ科スミレ属)が咲いています。


Vpubescens1


Vpubescens2


Vpubescens4


ビオラ・プベッセンスは米国南西部(東はワシントンDCから西はワイオミング州、北はカナダ・オンタリオ州から南はテキサス州の範囲)の林間や林縁、草原に自生するスミレです。
気候的には夏は暑く、冬は非常に寒い、乾燥地ではない地域に自生しています。
広い範囲に自生しているのでいくつかの亜種が知られています。

葉は心形の大きな葉で、背丈も20cm以上になります。
花は黄色で、側弁に毛が生えています。
上弁は後ろに反り返るので、平たく見えます。
距は短く、よく探さないと無いように見えます。
3月から5月ころまで長期にわたって花をつけます。

現地ではdowny yellow violet(綿毛に覆われたキスミレ)です。
種小名プベッセンスは「性腺の」や「有毛の」という意味です。個体によって毛が生えていたりなかったりするのですが、夏に熟す果実は白い毛で覆われているので、この特徴を指しているのでしょう。

| | コメント (0)

« 2015年4月11日 | トップページ | 2015年4月14日 »