« 2015年5月13日 | トップページ | 2015年5月15日 »

2015年5月14日 (木)

小さな黄金リナリア 
Linaria supina

リナリア・スピナ(Linaria supina:ゴマノハグサ科ウンラン属)が咲いています。


Lsupina1


Lsupina3


Lsupina2


リナリア・スピナはイングランド南西端コーンウオール地方からイタリアを中心としてヨーロッパ南西部にかけて分布する耐寒性1年草、あるいは2年草です。
軟らかそうな姿で匍匐し、背丈10〜25cmのマット状の茂みを作ります。

1年草のすさまじさを感じるというか、背丈が低い内から、茎頂に総状花序に蕾を付けます。
蕾には小さい内から比較的長い毛が生え、それがいくつもあるので、茎頂部に毛の塊が着いているように見えます。

1〜2cmの花は唇形花で、上唇弁は濃い黄色、下唇弁はやや薄い黄色で、喉部にはオレンジ色の模様が2個ついています。まれに紫の模様に染まるものがあるそうです。
0.5〜1cmのまっすぐな距があります。

長さ1cmほどの細い披針形の葉は茎から直接出、下部では対生につき、上に行くと互生してきます。
葉には短い軟毛がびっしりと生えており、そのため青白っぽい緑に見えます。
茎を含め3〜10mmの毛が思い出したように生えています。
下部の茎には毛が生えていません。

英国ではlesser butter and eggsと呼ばれています。
種小名スピナは「仰向けに寝転がった」「後方にひれ伏した,広がった」という意味で匍匐することを指しています。

| | コメント (0)

« 2015年5月13日 | トップページ | 2015年5月15日 »