« 2015年5月19日 | トップページ | 2015年5月21日 »

2015年5月20日 (水)

黒い瞳のデルフィニウム 
Delphinium 'Black Eyed Angels'

デルフィニウム「ブラック・アイド・エンジェルズ」(Delphinium 'Black Eyed Angels':キンポウゲ科デルフィニウム属)が咲いています。


Dblackeyedangels1


Dblackeyedangels2


Dblackeyedangels4


Dblackeyedangels3


ニュージーランドのボウズウエル・デルフィニウム(Dowdeswell's Delphiniums)社のテリー・ボウズウエルさんが作出したF1ハイブリッドのデルフィニウムです。

デルフィニウムの花弁は中心部にある何枚かの小さな花びらだけで、後の5枚は全て萼が変化したものです。
八重咲きといいますが、花びらが沢山あるのではなく、萼が多数あるのです。
距に見える後ろに伸びる部分も実は萼で、本当の距はその中に隠れています。

花の中心の飛び出した部分、つまり花弁をビー(Bee)と呼び、「ブラック・アイド・エンジェルズ」はビーが黒い(実際は濃い焦げ茶です)八重の白花のデルフィニウムです。
花が開いて間もないときにはビーはそんなに濃い色ではありませんが、しばらくすると濃い焦げ茶になっていきます。

「ブラック・アイド・エンジェルズ」は高温・高湿に強く、茎も丈夫という特徴があります。
これまで苗を買って育てても、花が咲く前に、茎が折れたり、高温度で枯れてしまったりしたのですが、この「ブラック・アイド・エンジェルズ」はボリュームのある花を咲かせました。
雨にあたって花が寝てしまった時も、茎はしなって、折れていませんでした。

| | コメント (0)

« 2015年5月19日 | トップページ | 2015年5月21日 »