« 2015年6月8日 | トップページ | 2015年6月10日 »

2015年6月 9日 (火)

ヒイラギソウの花 
 Ajuga incisa

ヒイラギソウ(柊草:Ajuga incisa:シソ科キランソウ属)が咲きました。


Aincisa7


Aincisa8


Aincisa9


ヒイラギソウは関東から中部地方の山地に分布し、沢沿いの湿った場所に生えています。
背丈は30~50cmもあり、これがキランソウの仲間かと思ってしまうほど立派です。

花も立派で3cmほどの長い筒部の青紫色の花を葉腋に2〜3個つけます。
他のキランソウ属には見当たらない喉部の長めの花で、花色も個性的です。
この株は赤味がかった色でしたが、多くは青紫の、インクブルーの花をつけます。
さらに株の上部に集まったボリュームのある花序は、キランソウ属ものとは思えません。
雄しべは4本ありますが、長い2本だけが花から出ています。

和名の由来は葉に不揃いの切れ込みがあり、柊の葉に似ているのでこの名がつけられたそうです。
しかし葉の切れ込みが深いだけで、柊のように厚くなく、むしろペラペラで、触っても痛くありません。
わかる人ならば花がなくても葉だけでヒイラギソウと分かるほど特徴があります。

属名アジュガ(アユガ)は、ギリシャ語の 「無(a)」と「束縛(jugos)」を意味しています。
種小名インシサは「鋭く裂けた」という意味で、これも葉の様子を示しています。

| | コメント (0)

« 2015年6月8日 | トップページ | 2015年6月10日 »