« 2015年9月17日 | トップページ | 2015年9月19日 »

2015年9月18日 (金)

日光の蟹蝙蝠 
Parasenecio nikomontanus

苗名滝までの山道にオオカニコウモリ(大蟹蝙蝠:Parasenecio nikomontanus:キク科コウモリソウ属)が咲いていました。


Parasenecionikomontanus1


Parasenecionikomontanus2


Parasenecionikomontanus3


Parasenecionikomontanus4


本州の東北地方から北陸地方および中国地方の山地の落葉樹林の林床、林縁に群生することが多い多年草です。東北地方では太平洋寄り、中部から関西では日本海側に分布しています。

茎は直立し背丈は30〜100cm、茎には稜があり、紫色をし、節ごとに稲妻形に折れ曲がりながら伸びていきます。
特徴のある五角形腎形の、幅20cmを越える大きな葉をまばらに数枚を互生します。
特徴のある葉の形が蟹の甲羅に似ているのでこの名がついたといわれています。
葉には長い柄があり、裏面の葉脈上に曲がった毛があります。

夏から秋にかけて、茎の先に散房状に白色の頭花をつけます。
花冠のように見えるのは総苞で、長さ1cmほどの白色の筒状をしています。蕾の頃は総苞の先が紅色をしています。
写真の中で先がとがっているのは蕾です。

総苞は1枚のように見えますが5枚あり、5-6個の小花を包んでいます。
小花はすべて両性の筒状花で、小花の花冠は浅く5裂し、花柱の先は、絵に描いた噴水のように2つに反り返ります。

種小名ニコモンタヌスは「日光山地の」という意味で、日光で多く見られたのでしょうか、ニッコウカニコウモリという和名もあります。また別名、クロベカニコウモリという和名も有り、黒部地方にも多かったのでしょう。
属名パラセネキオは、para(異なった)と senecio(セネキオ(キオン)属の)に由来し、「セネキオ属に似た」という意味です。

| | コメント (0)

« 2015年9月17日 | トップページ | 2015年9月19日 »