« 2015年9月18日 | トップページ | 2015年9月20日 »

2015年9月19日 (土)

花筏の実  
Helwingia japonica

苗名滝までの山道でハナイカダ (花筏:Helwingia japonica:ミズキ科ハナイカダ属)が実をつけていました。


Helwingiajaponica1


Helwingiajaponica2


ハナイカダ属は東アジアやヒマラヤに3種、日本に1種が分布しています。全て落葉低木で、雌雄異株です。
花序の柄が葉脈の真ん中の中肋に合生していて、雄花は数花、束になり、雌花は1花で咲きます。

ハナイカダは北海道以南の山地の林内や沢筋に自生する落葉低木で、日本以外にも中国に分布しています。
高さ1〜3mの落葉性低木で、若い枝は緑色で滑らかです。
葉は互生し、楕円形で長さ5〜15cm、先の尖る広楕円形で、低い鋸歯があります。

雌雄異株で、雌花、雄花共に淡緑色で、径4~5mm、花弁は3〜4枚あります。
雌花の花柱は3~4裂し、雄しべはありません。雄花の雄しべは3~4個、雌しべは退化して、ありません。
葉の表面の主脈の中央付近に、雌花1から3花、多くは1花ですが、雄花は数個が集まって咲きます。
花柄が葉に合着したためか、葉柄から花までの葉脈は太くなっています。この特徴で、花や実がなくてもハナイカダだと同定できます。

果実は7~10mmの球形で、熟して黒くなります。

和名は、葉を筏、花や実をそれに乗っている人に見立ててつけられたといわれています。
属名ヘルヴィンギアはプロイセン(ドイツ)の植物学者でルーテル教会の牧師だったヘルヴィンク(Georg Andreas Helwing:1666-1748)さんに因みます。
種小名ヤポニカは「日本のという意味です。

| | コメント (0)

« 2015年9月18日 | トップページ | 2015年9月20日 »