« 2015年10月2日 | トップページ | 2015年10月18日 »

2015年10月14日 (水)

海の蘭 
Linaria japonica

ウンラン(海蘭:Linaria japonica:ゴマノハグサ科ウンラン属)が秋らしくなっても咲いています。


Linariajaponica1_2


Linariajaponica2_2

Linariajaponica4


Linariajaponica3


ウンラン属は地中海を中心に北半球の温帯に150種以上が知られています。
花冠は筒状で、二唇形の仮面状花冠を構成し、基部には距を持っています。雄しべは4本で、蒴果を稔らせます。


ウンランは北海道、本州、四国北部の海岸の砂地に自生する多年草です。日本以外には中国、朝鮮、ロシア極東部に分布しています。

株全体が緑白色で、毛は全くなく、スベスベです。
茎は時には直立することもありますが、普通は斜上ないし匍匐し、高さは10〜30cmです。

鋸歯のない全縁の葉には厚みがあり、先が鈍形の楕円形をしていて、葉柄はほとんどありません。
葉は対生をしていますが、3〜4枚が輪生をすることもあるようです。上部の葉は互生してついています。

夏に茎頂に短い柄を出し、その先に総状花序に数個の花をつけます。
花の中央は盛り上がって黄色く、他はクリーム色の仮面状花冠を持つ唇形で、上唇は2裂しています。
仮面状花冠とは虫が来るまで閉じていますが、虫が来ると上下に開く構造を指します。
雄しべは4本でその内2本が長く、雌しべは1本です。

果実は球形の蒴果で、果実の頂端に穴が開いて種子を散布します。

ウンランという和名は花が蘭に似ており、海岸に生えるところからきています。
属名のリナリアは、ギリシャ語のlinon(アマ)に由来し葉が似ていることに由来します。
種小名のヤポニカは「日本の」という意味です。

| | コメント (0)

« 2015年10月2日 | トップページ | 2015年10月18日 »